尚茂株式会社について    研究開発目標

研究開発目標

 
 
既定の製品とマーケティング策略により、スマートホーム、監視制御、映像音響及び医療等の四大応用分野に向けて、技術開発が出来るよう導きます。映像音響マルチメディア統合、組込み式システム、有線と無線のネットワーク、ソフトウェアとシステム統合の上で、数多くの商品を開発します。そして、策略性パートナーと共同で、各種のシステム応用、研究開発と市場の普及に努めます
 
(1)スマートホーム分野 - 技術核心はマルチメディア映像音響圧縮、P2Pネットワーク伝送、監視制御センサー、ネットワークシステム及び自動化制御等の多くの技術と製品を含めます。システム統合においては、ホーム情報ゲートウェイ(Home Information Gateway)を中心とし、スマートインターネットTV(Smart Internet TV)、IPセットトップ ボックス(IP Set Top Box)、デジタルビデオカメラ(IP Camera)、ホーム オートメーションシステム(Home Automation System)、医療情報コレクター(Medical information collector)と家電制御等の多くの系列商品を統合する事で、人間性、便利性及び完備性のスマートホームシステムを構築します。
 
(2)スマート映像音響分野 - 組込み式システム映像音響マルチメディアの結合、分散式プッシュ技術とクラウドコンピューティグ技術の運用で、数万個のVODプレーヤーとデジタル サイネージの支援が可能となります。また、この技術は、照明と省エネ管理の分野まで伸ばし、デジタルファミリーにも統合、運用する事が出来ます。
 
(3)スマート監視制御分野 - 製品はアナログビデオカメラ(CCTV Camera)、デジタルビデオカメラ(IP Camera)、デジタル、ネットワークビデオレコーダー(DVR/NVR)を含め、各種の監視制御システム応用を構築し、セキュリティ監視ビデオカメラとソフトウェアとネットワーク技術の統合で、スマート監視制御システムの無限の効果を発揮させる。。
 
(4)スマート医療分野 - 一般的なビデオ・オン・デマンド(VOD)とエンターテインメントサービスを提供、更に、病院の応用に合わせて、特殊なネットワークビデオカメラ、医療専用のスマートセンサーとデジタル・サイネージの情報を提供でき、患者様の状態は、即、ナースステーションに転送され、医療、ケア、カウンセリング等のサービスを行います。このプランの利用により、医療作業の即時かつ効率的なサービスをもたらします。。