尚茂株式会社について    研究開発策略

研究開発策略

R&Dスタッフは革新的な製品開発と各製品ラインの統合に力を入れ、異なる属性のお客様に応じて、多様な商品組合せを提供し、お客様の商品企画の技術サポートで、商品の研究開発と市場導入時間を短縮する事が出来ます。
重要な技術開発戦略:
豊富な経験を持つエンジニアの優れた技術サービスで、積極的にお客様のニーズに応じ、良好な取引関係を維持し、サプライヤーと取引先との間で信頼と信用を築き、技術の競争力を高めます。市場と技術との両立で、一方での研究開発を行わず、バランスの取れた二つの力を駆使し、相補と統合を保って、発展戦略は全面的に行い、技術、市場のどちらかの為に、変更することはありません。政策の変更や市場の成長と衰退という様な、外部の機会を持続的に把握し、社内から外部の運営リスクと競争力戦略を調整する事により、内部の資源と外部の機会を有効に統合出来ます。

 

継続的に新たな研究開発戦略:
消費者、使用者の生活利便性により、市場動向とお客様のニーズを統合し、展開します。画像処理は技術核心とし、またインプット、アウトプット、保存、伝送製品はプラットフォームとします。各製品の斬新な応用及び総合研究開発に力を入れ、取扱うパーツのそれぞれの属性と応用により、多様な商品組合せを提供し、商品企画や技術研究開発を行います。商品開発はデジタル制御とマルチメディアを中心に、それぞれの機能商品を開発します。そして、OGA Smart Systemシステム統合研究開発、分散式プッシュ技術とクラウドコンピューティグ技術を結合する事により、スマートホーム(Digital Home)、スマート監視制御(Surveillance)、ビデオ・オン・デマンド(Video On Demand)及び医療ケア等のシステム応用を提供します。

 

斬新な製品発展戦略:
お客様はメイン、サプライヤーはサブで、コスト合理化の製品を開発する。標準化研究開発作業工程を運用する事により、作業速度や効率が上げられます。また、継続的に新たな工程設計の中で、相応しいデータを駆使し、標準商品の開発を目標とします。試作品が成功した後、業務、生産、技術を統合し、顧客の開拓を展開します。R&Dチームは会社の規定の研究開発政策に従って、定期的な会合とプロジェクト管理、それぞれの激励の方法を兼備し、それにより、研究開発モデルのブレーンストーミングを行い、創造的なR&D戦略プロジェクトに対して、賞金または昇進を奨励します。