尚茂株式会社について    経営理念

経営理念

「セキュリティコントロール(surveillance)、メディア(Media)、医療(Medical)、システム(System)」製品の研究開発及び製造をポリシーとし、同時に技術マーケティング(Technical Marketing)を最高の実行基準とします。全社員の無私な献上、一致団結する事により、優れた品質の確立、至上最高のサービスグローバル企業を確立しました。詳細は以下の通りです。
セキュリティコントロール アナログからデジタルへ、スタンダード映像からハイビジョンへ、有線から無線まで等の技術プラン、全方位監視制御製品の位置付け、システム統合及び技術応用を定めます。
メディア ビデオストリーミング、デジタル放送、ネットワークのメディア等の技術プラン、クラウドシステムの内容保存、配信を結合し、新しいデジタル・エンターテイメント・プラットフォームを提供しました。
医療 公共放送、タイムリーな画像、情報伝送等の技術プラン、医療システム管理と結合し、患者、医療関係及び治療の適時性や効率性を提供します。
システム エンターテイメント、監視制御、ケア、グリーンパワーシステム及びオートメーションシステム統合プラン、家族、ビジネス、生産、デジタル情報と管理サービスのプラットフォームを提供します。

 

明確な経営戦略により、企業経営理念を着実に実現する。以下:
積極的な製品競争戦略 アイテム、ブランドと品質等の優位の製品戦略で、製品の特色とサービスを運用する事により、優位性を創造する。独特な差異化で、強力なマーケットポジションを守る。コア技術の品目は社外委託をしない方針で、独自の技術による競争の優位性を作り、策略性で共同連盟の参加と委託業務、技術のバリューチェーンを深めると自己監視メカニズム、また、このコア・コンピタンスを企業成長の駆動力とし、市場と技術を考慮しながら外部の機会を把握する。
人間本位の組織戦略 人材育成と組織改善を推進し続け、会社経営のコンセンサスと組織の効率性を高め、同時に企業組織文化の形成、社員に強烈な使命感とアイデンティティを認識させます。人材育成に重点を置き、企業の競争優位性を創造するために、人材育成は鍵となり、教育訓練と職場訓練を重視し、人材の品質を高める事により、優良な企業文化の形成が出来ます。
顧客指向のサービス戦略 質の高い顧客サービス指向のビジネスモデルで、チーム協力の精神を発揮し、各部門間のサービス管理、継続的な改善と向上を推進し、「総合的品質管理」(TQM)は各個人が責任となる。プロセスが結果よりも重要という信念の下で、一旦、サービスの質に問題がおこれば、直ちに関連の会議を開き、迅速なアフターサービス体制を創出できることで、消費者の信頼感を確立し、口伝えにより効率的なマーケティングの相乗効果が得られる。