ニュースセンター     製品情報

製品情報

尚茂智能農業システム‐新鮮かつ無毒な作物生産、リアルタイム映像監視、AIによる作物の成長と品質管理 2022-03-21

国民の食品安全に対する意識の台頭に合わせて、安全安心な作物を購入する消費意欲も高まってきております。農委会は台湾農業を「衛生かつ安全な健康農業」にする為に「健康、卓越、ロハス、永続」とした色んな方策を実施して、尚茂智能科技もこれに参加してスマート農業の運用と発展に尽力しています。

尚茂智能科技は亜企食材科技、瑞圃農科と協力して、亜企食材から瑞圃農科に作物の契約式耕作を依頼しました。そして尚茂智能も瑞圃農場にてスマート農業システムの構築を行い、AI技術をもって作物の成長クォリティを観測して、新鮮かつ無毒な野菜の生育を確保し、健康で栄養たっぷりなオーガニック作物を育てています。

尚茂智能科技はスマート映像識別技術(IVS:Intelligence Video Surveillance System)の運用と、アルゴリズムを駆使して栽培期間に作物の成長クォリティを監視し、不良な作物を淘汰するようにしています。成長期では作物の面積カバー率を監視して作物の成長状況を把握し、収穫期になると成長高度を監視して収穫のアドバイスを行うようにしています。また、環境センサーなどの付属設備と合わせる事で、農場環境の温湿度、水中温度、水質の電気伝導率(EC:Electric Conductivity)、水質の水素イオン指数(PH:Potential of Hydrogen)、水質の溶存酸素量(DO:Dissolved Oxygen)、日射照度(SI:Solar irradiance)などの環境データを収集し、各作物の需要に合わせて相応の調整と対策を実施しています。こうしたスマート農業監視プラットフォームを構築する事で、作物の成長クォリティと生産量を有効的に確保しています。

瑞圃農場は作物の世話に心をかけてるだけでなく、自然農法に通じて野菜の水耕栽培も行っており、作物の鮮度を非常に重視しております。月曜と水曜で注文を受け取り、其々の翌日で収穫を行い、更にその翌日で出荷して、その日のうちお客様の手に届けるようにしています。こういった努力が亜企食材傘下の亜企味屋の理念とマッチして、消費者に新鮮な野菜の美味を召し上がれるように協力し合っています。

このページのトップへ
  前のページ 尚茂智能科技術 代理ライン製品 日本 JAPAN UNIXを新しく発表(2022-04-25)
  次のページ OGA健康かつ高品質なスマートライフ(2022-02-21)